世界は革命情勢だ!

★ 闘う労働者・学生・農民のための全世界のニュース ★ 世界の労働者とともに、3・16全世界一斉デモへ! ★

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

プロフィール 

WORKERS ACTION実行委員会

Author:WORKERS ACTION実行委員会
  ↓メール↓
workers_revolution★yahoo.co.jp
★を@にして送って下さい。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

クラス討論弾圧への起訴弾劾!

 本日勾留満期になった3人ですが、東京地裁は内田晶理くんを起訴! 関西の仲間は釈放! そして未成年という理由でもう1人は練馬鑑別所への送致決定が家庭裁判所によって下された!
 とにかく絶対に許せない。鑑別所送致を決定した家庭裁判所の裁判官は「しゃべればこんな措置はとらないのに」などと抜かしていたそうです。「とらないのに」じゃねえだろう! ブルジョア的権利としても黙秘権という権利があり、黙秘を理由に不利益を強制することなど許されない。だいたいにして何で彼が黙秘していたのか。それは、クラス討論で逮捕などおよそ認められない不当なでっち上げ逮捕であり、こんなでっち上げ逮捕を行った警察権力に語る言葉など何もないからだ。でっち上げ逮捕した国家権力が、牢屋に閉じこめながら「しゃべればいいのに」などとぬけぬけと抜かしている事など、ふざけきっている。何より、「クラス討論は犯罪である」という見解を家庭裁判所も地方裁判所もはっきりさせたに等しい。これは歴史的な起訴攻撃だ。2007・11・7クラス討論弾圧起訴。未来の教科書に載るような事態だ。



 鑑別所とは家庭裁判所管轄の司法施設で、「未成年だから起訴ではなくて更正する機会を与えよう」というようなものです。ここで2~4週間、最高で8週間閉じこめ、知能テストやらパズルやらをやらせたり、「調査官」の取り調べを行ったりする。そして最後に家庭裁判所の「審判」なるものが下され、釈放か少年院に送るかを決定するというものです。また、鑑別所で態度が「悪い」と検察の管轄において10日ほどの取り調べをして、今度は成年扱いで起訴し、東京拘置所に入れるというものです。「更正」とは国家権力への屈服以外の何ものでもない。「クラス討論をやったことを反省して更正しろ」など認められるか! 
 今日の夕方は家庭裁判所前で、抗議の意志をたたきつけてきました。絶対に落とし前をつけてやろう。
 ひとつはさらなる法大闘争の爆発です。クラス討論が罪だというのなら、もっともっと徹底的にクラス討論に入ってやる。およそ犯罪などといえない力関係を徹底的に作ってやろう。法大闘争の爆発、法大当局と学生部の打倒、学生が権力をとる法大解放の革命をもって落とし前をつけてやる。起訴状には「平林総長代行の管理する法政大学」と書かれています。「代行」。平林は入院中で、どうやら大腸ガンらしく、打倒寸前です。他方、本日法大では起訴への怒りで法大生が昼休みの宣伝に立ち、学生部の弾圧をぶち破って闘いました。さらなる法大闘争の前進を切り開こう。
 ふたつに、裁判闘争です。新井君・友部君の裁判闘争が画期的な勝利を切り開き、当局を徹底的に追いつめている。これから始まる裁判も覚悟しろ、法大当局と国家権力よ!
 みっつに、これに対しては革命家が大量に生まれることとそが最大の反撃です。みんな革命家になろう。ゴリゴリマルクス主義を学んで、労働者階級の世界革命を切り開く若きリーダーとして歴史の大舞台に登場しよう。今日の結果を勝利として総括できる力は、革命の立場と革命家の不動の確信と断固とした闘う意志があってこそです。裁判闘争への突入を勝利的に確認できるのも3人がぶったって闘いぬいたからこそです。鑑別所への送致も、第一ラウンドの勝利と、勝利者として第二ラウンドのリングに上がっていこうと胸を張って総括できる。「新井君・友部君のように闘おう」をスローガンに全学連大会を打ち抜いた時点で、勝利は確定していたのです。どんな弾圧をも引き受けて闘う学生共産主義者の集団です。どんな弾圧も、この部隊を鍛え上げるのみだ。そして、この手で革命をたぐり寄せよう。
 小沢連立騒動ではっきりしたことは、裏で手を引いていた渡辺恒夫・読売新聞社長をはじめとする日本資本家階級は、このままの自民党の状態では何も進まないと判断して、民主との連立を画策したと言うこと。他方で小沢も今の民主党では「政権能力はない」と判断、連立を受けようとした。自民も民主ももうダメ、そのトップもダメダメだってことです。他方で労働者階級の闘いは、9・29沖縄から11・4の爆発へとつながっている。そして法大闘争は、どんな弾圧にもまけない闘いへと発展しているのです。こうやって共産主義運動は前進していくのです。
 獄中での闘いはますます革命家を鍛え上げた。今回奪還した仲間もますます強固な革命家として戦列に加わり、獄内と団結する。労働者階級の根本的な解放へ前進しよう。革命という究極的勝利に向かって、本日の闘いを断固勝利として確認しよう。
スポンサーサイト
2007/11/07 19:31|未分類TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://noabe318.blog91.fc2.com/tb.php/102-7d48011b

ブログ内検索 

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 世界は革命情勢だ! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。