世界は革命情勢だ!

★ 闘う労働者・学生・農民のための全世界のニュース ★ 世界の労働者とともに、3・16全世界一斉デモへ! ★

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

プロフィール 

WORKERS ACTION実行委員会

Author:WORKERS ACTION実行委員会
  ↓メール↓
workers_revolution★yahoo.co.jp
★を@にして送って下さい。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

辺野古の青年労働者からメッセージ!

辺野古からメッセージが届きました。沖縄・本土の労働者はひとつになって闘おう! 3・16の成功から、3・23沖縄県民大会の爆発へ!!

3・16へのメッセージ

 3・16に結集された労働者の皆さん! お疲れ様です。
 いま沖縄は怒りに燃えています。2月10日の米兵による少女(女性)暴行事件、フィリィピン女性への暴行事件、家宅侵入と相次いで米軍による凶悪事件が発生し、3月23日には「全ての米軍犯罪に抗議する県民大会」が予定されています。すでに波状的に全島で小規模での怒りの抗議集会が開催されています。
 沖縄は去年の9月29日11万6千人の決起に続き、まさしくゼネスト状態へと突入しました!
政府は辺野古V字型新基地建設のためのアセスを15日から開始し、来週にも本格的に強行しようとしています。
 政府は沖縄の原点である沖縄戦を「集団自決は軍名ではなかった」と踏みにじり、少女(女性)暴行事件に対しては「セカンドレイプ」という形で答えています。
 沖縄の怒りは天を突くほどに燃えているのです! このような政府はいらない! 青年を食わしていけなくなった資本主義など滅びてしまえ! と。

 全ての基地を撤去する以外に解決方法はない!!
 全国の労働者の皆さん。知っての通り、問題の解決は政府の言う小手先の「綱紀粛正」や「教育プログラムの徹底」などではありません。「全ての基地の撤去」以外で解決方法はないのです。
 全軍労(基地労働者組合)「死すべきは基地であり労働者は死んではならない」「解雇撤回・基地撤去」沖縄が語り継いできた闘いの教訓はいままさに私たち青年労働者の魂を揺さぶっています。
 国境と産別を超えた全ての労働者の団結とストライキなくして基地をなくすことなど出来ない! 資本主義の社会を終わらせ、労働者が主人公の世界を勝ち取り、戦争を阻止することの展望はそこにしかない! これこそ、今こそ、私たちが全世界に対して呼びかける共通の闘いです! 3・16は全世界に対してそれを呼びかける最大の闘いなのです!



 フランスで移民の少年が警察に殺されれば数十万の青年労働者は街頭に立って車を燃やしその意思を表している。
 韓国で女子中学生が米軍の装甲車に轢殺され、次の日には数十万の青年労働者・学生が米軍フェンスをぶち破った。
 イラクの石油労働者は米軍による石油の収奪を止めるためにストライキと武装蜂起で闘っている。
 ならば私たちは何をすべきか。
 私たちは全世界の労働者と共に沖縄から労働者を分断する基地を全て撤去する闘いに全国の職場から立ち上がろう!!
 大阪府知事に女性職員が反乱の狼煙を上げた。東京で青年労働者二人が弾圧され、しかしその弾圧が3・16の展望を切り開いている。
 基地労働者が全国でストライキに決起し、北海道の教員がストに打って出た。東京の不起立を貫く根津さんを先頭とする教員の闘いが「戦場へ子供達を送るな」という闘いを体言している。
 すでに仲間達が全国から反撃を開始しています。

 私たちはいま心からワクワクする闘いの中にいる。時代の未来を切り開く担い手として、沖縄で、全国で職場から、学園から、あらゆる地域から闘いが始まったのです!

 今日、この場所に集まった全ての労働者・学生はそれぞれの職場・学園において隣の仲間に声をかけ、議論し、葛藤し、時には職場・学園で苦境に立たされ、弾圧を受けながら、地域の人々をも巻き込み、駆けつけた仲間達だと考えます。
 その中では失敗があり、成功ありあらゆることが凝縮された闘いだったと感じます。私はそれこそがこの社会を労働者の手で変える闘いに3・16を変えたのだと考えます。それこそが勝利なのだと。
 具体的に仲間を増やす闘いは大胆かつ繊細にそれも実際に何人増やしたのかを見なければならない非常に厳しい闘いだったと思います。
 しかし、沖縄の07年9・29が物語るように、大阪の女性職員が体言しているようにたった一人の最後まで仲間を裏切らず闘う人間が職場にいることで6000万労働者を牽引し、どんな弾圧をも跳ね返す団結を作ることが出来るのです。
 私たちはそこにこそ確信を持とう!
 辺野古新基地建設阻止も全ての基地撤去もそこにこそ展望がある。一切の例外はないのです!!

 辺野古は来週から環境アセスなる「環境保護」に名を借りた基地建設着工を阻止する厳しい闘いに入ります。政府による大弾圧も開始されるでしょう。しかし、最後まで労働者として生きた故金城祐治命を守る会代表の意志を受け継ぐ私たちは最後まで労働者との固い連帯を信じ、闘って勝利するのみです。
 その後、4月には「兵舎の取り壊し」、2010年からは「埋め立て開始」という激しい情勢の中で闘いは継続されます。
 全ては労働者の団結にかかっています。仲間を蹴落として基地建設の労働に手を貸すのか、基地建設に伴う労働にストライキで闘い、この世界を労働者が獲得するのかが問われているのです!!
ならばやってやろうじゃないか!! ゼネストで世界を変えてやろうじゃないか!! そうでしょう3・16のみんな!!
 こんな腐った社会とはさっさとおさらばして俺達の社会を作ろう!!
長い文章にお付き合いいただきありがとうございました。それでは、また辺野古でお会いしましょう!!
スポンサーサイト
2008/03/15 18:47|未分類TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://noabe318.blog91.fc2.com/tb.php/159-d5cb368c

ブログ内検索 

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 世界は革命情勢だ! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。