世界は革命情勢だ!

★ 闘う労働者・学生・農民のための全世界のニュース ★ 世界の労働者とともに、3・16全世界一斉デモへ! ★

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

プロフィール 

WORKERS ACTION実行委員会

Author:WORKERS ACTION実行委員会
  ↓メール↓
workers_revolution★yahoo.co.jp
★を@にして送って下さい。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

東京西部春闘集会~3月11日

 東京西部 「本気で春闘 世の中変えよう 3・11春闘行動」が、130名以上の結集で大成功

団結


デモ


 3月11日、阿佐ヶ谷の産業商工会館で、東京西部ユニオン・東京西部労組交流センター呼びかけの「本気で春闘 世の中変えよう 3・11春闘行動」の集会とデモが行われ、130名以上の結集で大成功しました!


 集会は、西部ユニオンの青年部の司会で元気よく始まりました。
・冒頭、東京西部労組交流センターの女性が「現場の労働者の団結で闘う労働組合をつくりだそう」と主催者あいさつ。
・連帯のあいさつでは、三里塚芝山連合空港反対同盟の鈴木謙太郎さんと伊藤信晴さんからアピールを受けました。鈴木さんは、「東峰の森抹殺・市東さん農地取り上げなど、信じられないことが起こっている。農民を守るはずの農地法で農地を取り上げるなど絶対に許せない。全農民の闘いであると同時に、労働者の敵と同じ。労働者と連帯して反対同盟は闘いぬく。18日は全世界一斉デモ、25日は三里塚、是非ともに闘いましょう」と熱烈にアピール。伊藤さんは、「農業について国政レベルで大変なことが行われようとしている。『自給率を12%にする』『300万農家を14万人にまで減らす』と言っている。日本の農業の切り捨てだ。労働者と農民の連帯で悪政を倒さなければならない。3・25現地闘争に共に立ち上がろう!」と訴え、会場から熱い拍手を受けました。


反対同盟

   反対同盟 鈴木謙太郎さん(左)、伊藤信晴さん(右)
・続いて、「日の丸・君が代」不当処分撤回を求める被処分者の教育労働者が登壇。「9日段階で確認されただけでも14名の不起立・不伴奏の闘いが行われている。教育労働者の不起立闘争は連綿と続けられている」という卒業式での闘いの報告があり、「3年生の担任をしている人から卒業式の前日に相談を受けた。再雇用拒否など生活の不安もあり、直前まで悩んでいた。しかし『絶対に一度は座りたい、それには3年の担任をやっている時がいいんだ』と言って、結局次の日に『座っちゃった』と報告してくれた」、「今までは休暇などを取って避けてきたが、今回の卒業式は不起立をした。9・21勝利判決などを勝ち取って、状況が変わってきている」など、闘いの渦中からのアピールに、会場の熱気は一段と高まりました。
・動労千葉からは、「春闘を復活させよう。動労千葉は毎年ストライキで闘っているが、春闘をぶっ壊しているのは連合だ。鉄道はあちことで事故が多発している。尼崎事故での日勤教育、常磐線は各駅停車の普通電車でも時速130㎞にされようとしている。組合が飲んでいるのが最大の問題だ。全世界でストライキが起こっている。労働者は闘いを求めている。動労千葉もこれまでストライキをやったら抗議電話がかかってきてたが、今は『頑張ってくれ』という応援の電話がかかってくる。11月労働者集会をさらに増やすために闘いましょう」と、熱い連帯のアピールが発せられました。

全景DC2

・基調報告は、西部ユニオンの山本敏明委員長から。「本気で春闘を闘おう。闘う春闘を取り戻そう。安倍・御手洗と闘い、山田区政を打倒しよう。動労千葉ストと連帯し、三里塚闘争に立とう。3・18日比谷集会とデモ、3・25三里塚闘争、そして11月労働者集会へ、昨年を倍する労働者の結集を実現しよう!」と提起されました。そして「たたかいの決意と報告」のコーナーで集会は最大の盛り上がりへ! 特に東京西部ユニオンで闘う仲間の登壇・発言は、迫力ある労働者魂あふれた発言ばかり。闘う労働者は、本当にかっこいい! お連れ合いがオーバーステイで入管に収用され、組合員になって組合の闘いで取り戻したという報告や、闘う労働組合を求めて西部ユニオンに加入した港湾労働者、有休を取ったことで解雇通告を受けたが組合の力で解雇撤回させた、仲間を増やして資本家と闘っていきたいという青年労働者の発言、事故を起こした労働者への解雇通告を撤回させた闘い――などなどが報告され、西部ユニオンが「闘う労働組合だ」という力を実感! さらに、東京清掃労組の労働者の闘いの報告、そして前日に結成大会を勝ち取った福祉労働者連帯ユニオン(通称ソウル・ワーカーズ・ユニオン)から組合結成の報告がされまし
た。「11月集会などに参加する中で、戦争を本当に止め、社会を変えるために、労働組合とは何かを一から学んで合同労組を立ち上げた。みなさんは厳しい中で、しかし労働者の誇りを持って闘っている。自分たちも労働者だ、労働者階級なんだという実感をつかんできた。闘う労働組合を作りだしていきたい」という発言に、会場は感動につつまれました。


全景DC2


ソウルU

・「ファシスト山田打倒! 安倍改憲政権を倒そう!」のコーナーでは、都政を革新する会の北島邦彦さんから「ファシスト山田を打倒するのは、労働者の実力闘争だ。議会に、一緒に乗り込もう」と、区議会議員選挙へ向けた闘いの決意が発せられました。「つくる会」教科書採択に反対する杉並・親の会、とめよう戦争への道!百万人署名運動の杉並連絡会、杉並・星野文昭さんを救う会、部落解放同盟全国連合会の杉並支部、「イラクの子どもたちは今」写真展実行委員会から、それぞれ闘いのアピールが訴えられました。
北島

   都政を革新する会 北島邦彦さん
・最後に、「杉並区の全業務民営化に反対する特別アピール」を採択し、3・18集会実行委員会からは、「闘ったらクビにされるなどと言っているのは既成の指導部だ。労働者は闘ったら勝てるし安倍をぶったおすことができる。労働運動の力で革命をやろう。3・18で世界を変えよう」と、この熱気をさらに3・18で爆発させようと訴えました。
・「団結頑張ろう!」で集会を終え、直ちにデモへ。区役所前~阿佐ヶ谷駅~けやき公園へ向けての元気いっぱいのデモ。「街」の仲間の音楽と共に街頭に躍り出たデモ隊は、「3・18全世界一斉デモに立ち上がろう!」「ブッシュと安倍を倒そう!」「杉並区丸ごとの民営化反対」「労働者は闘うぞ!」とシュプレヒコール。熱気のあふれたデモに沿道の人々も注目! デモ終了後は、阿佐ヶ谷駅頭で3・18集会を呼びかける街頭宣伝を行い、春闘行動をやり抜きました。

デモ2

・終了後の交流会でも、「本当に労働者が革命を起こすことが問題になる時代になってきた。その先頭に西部ユニオンが立とう」「労農連帯で闘おう」「集会の成功で感動した、本当にやってきてよかった」「初めてのデモだったけれど、すごく良かった」「3・18もこの勢いで登場しよう!」と、次なる闘いへ、西部の労働者は燃え立っていました。この勢いで、3・18をぶち抜こう!

スポンサーサイト
2007/03/14 01:50|未分類TB:1CM:1

コメント

はじめまして♪
ネットサーフィンしていてやってきました。
六本木でクラブホステスをやっているきららと申します。

面白いですね☆
ついマジマジと読んじゃいました。

私もブログやっているのでよかったら
遊びに来てくださいね☆

☆きらら☆ #-|2007/03/14(水) 02:45 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
春闘
春闘春闘(しゅんとう)は、日本において毎年春(2月)頃から行われる、賃金の引上げや労働時間の短縮などといった、労働条件の改善を要求する労働運動。春季生活闘争、春季労使交渉などともいう。まずは自動車や電気機器、鉄鋼などの大手製造業(各社の
美波の日記 2007/03/16(金) 11:42

トラックバックURLはこちら
http://noabe318.blog91.fc2.com/tb.php/24-de6fd5f7

ブログ内検索 

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 世界は革命情勢だ! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。