世界は革命情勢だ!

★ 闘う労働者・学生・農民のための全世界のニュース ★ 世界の労働者とともに、3・16全世界一斉デモへ! ★

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

プロフィール 

WORKERS ACTION実行委員会

Author:WORKERS ACTION実行委員会
  ↓メール↓
workers_revolution★yahoo.co.jp
★を@にして送って下さい。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

ワーカーズアクション In 岡山

1008ワーカーズアクションin岡山

 10月8日、「ワーカーズアクション In 岡山」が打ち抜かれた。写真はデモの写真です。


 以下は学生のアピールです。

「ワーカーズアクション In 岡山」 学生アピール    2007.10.08
皆さん!いま、世界は革命情勢です。学生・労働者が立ち上がって支配者どもをぶっ飛ばし、この社会を革命する時代がついにやってきたのです。
 沖縄で約12万人が立ち上がりました。福田政権はぐらぐらです。
 安倍は、去年教育基本法改悪のときに、「教職員組合こそ不当な介入だ」(ふざけるな!)といってませんでしたか?だったら、沖縄県教組、高教組が10割動員で呼びかけて、約12万人が立ち上がって、一度決定した検定意見を撤回させるというのは、「教職員による不当な介入」(ふざけるな!)そのものではないでしょうか?
 いま、福田政権は、ペテン的に「沖縄県民の気持ちは、私にも分かりますよ」とか言っている。教科書会社のほうから訂正して、「撤回」も可能なことまで言い出している。
 思い出して下さい。去年の春、フランスで青年労働者の首を自由に切る法律が議会で成立したが学生と労働者のゼネストで大統領(当時の大統領:ジャック・シラク)は撤回せざるをえなかった。これと同じなんです。
 歴史を動かすのは、政治家、金持ち、有名な学者(御用学者)ではありません。労働者・学生が団結して立ち上がったとき、歴史は動く。参議院選での自民党への怒りの爆発と安倍の逃亡は、革命へのゴングを鳴らしたのです。
 福田政権、「背水の陣内閣」、「国民の信頼なくして改革の実現は不可能」と言っている。ふざけるなと言うことです。
 インド洋での給油活動を続けようとし、議席がやばくなったから今度は2年にしようとたくらんでいる。ふざけるんじゃないということです。そもそもこの給油活動の85%がイラク戦争用に使われていた。きのう(10月7日)の中日新聞の一面で「給油活動がイラク戦争に使われていたのではないかと言う疑惑が浮上している問題」と言う記事を見た。中日新聞自身、国会で論議になった以上、取り上げないと民衆の怒りを買うだろうとふんでいたのだろう。だから(一切の報道を隠蔽しようとしたけど)取り上げざるをえなかった。自民党がこれまで付いてきたウソ(給油活動はテロ防止のためetc…とか言っていた)がついにばれ始めている。(米政府が一貫してイラク戦転用を否定)これが明るみに出れば、即革命行きです!!
 だいたいにしてイラク戦争で、60万人近くのイラク人民を虐殺し、米軍の死者数も8月末までで3742人にも達している。資本家どもの石油利権支配のための戦争に加わるために自衛隊を派兵しようとしている。このことに怒っているんです!!小沢一郎のようにISAFだったらいいんじゃないよ!
 「国民生活の安定を最優先する」だって?じゃあ「改革の方向性は変えない」ってなんなんだ。日本経団連は今から約12年前に発表したプロジェクト「新時代の日本的経営」で言っているような10人に9人を非正規雇用にし、派遣、契約、請負など二分の一以下の賃金で使い捨てにするということじゃないか。正社員になっても過労死するまで競争があおられるってことじゃないか。
 枡添(厚生労働相)は「社会保険庁は信用ならないが、市町村はもっと信用ならない」と自治体労働者をまるごと犯罪者扱いしてるじゃないか!冗談じゃない!国家ぐるみの詐欺や横領を行ってきたのはお前らのほうだ!だいたい、消費税を増税したぐらいで1000兆の借金を返せるのか?っていうかその裏ではまたしても法人税の減税をやろうとしている。だいたいにして1000兆の借金を返す気なんてさらさらないじゃないか!資本主義はもう終わったんだ!!

 去年3月14日、法政大学で立て看板・ビラ禁止に抗議しただけで29人の学生が逮捕されてから、一年半で42人の逮捕者、4人の退学、1人の停学です。集会参加者がやるたびに増えて、去年6月には1000人になりました。今年も次々と1年生が立ち上がり集会で元気に発言しています。こんなことになるとみなさんは思ってましたか?
 「処分されて勝利だと言うのはおかしい」と言う人もいます。だけど、やっぱり勝利なんです。当局は、学生を取り込もうと必死でしたが、当局の企みが完全に見抜かれ、粉砕されたとあきらめたから処分が出るんです。処分か拡大するたびに仲間が増えた!起訴されたときも「勝利だ」と言い切って、9月28日裁判では傍聴に来た友部君の父親まで裁判長のでたらめさに傍聴席から手を上げて意見を言うところまで団結が拡大しているんです!
 競争とか分断とかふざけるんじゃない!ってことです。資本に屈服した生き方に何の展望もないし未来もないんです。青年の「2人に1人は一生フリーター、30過ぎれば職がなくなってホームレス」というこんな死の競争を拒否しよう。僕たちは誰かを・隣の仲間を蹴落とすために生まれてきたのではありません。僕たちは仲間を助け合い・団結するためにうまれてきたのです。僕たちは「自分さえよければいいという立場には絶対に立たないし、資本家連中の奴隷には絶対にならない!」という決意だ。
 団結したときにはじめて本当の人間関係が生まれ、僕たちの力はこんなにすごいってことが分かるんです。団結して闘いぬくことにこそ展望があります。11月4日日比谷で、1万人の団結で一緒に革命やろう!僕たちに権力をよこせ!
 こんな腐りきった社会をぶっ壊して、新しい社会をつくる「革命家!」になってともにたたかいましょう!
スポンサーサイト
2007/10/09 20:29|未分類TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://noabe318.blog91.fc2.com/tb.php/78-20bdcebc

ブログ内検索 

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 世界は革命情勢だ! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。