世界は革命情勢だ!

★ 闘う労働者・学生・農民のための全世界のニュース ★ 世界の労働者とともに、3・16全世界一斉デモへ! ★

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

プロフィール 

WORKERS ACTION実行委員会

Author:WORKERS ACTION実行委員会
  ↓メール↓
workers_revolution★yahoo.co.jp
★を@にして送って下さい。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

11・4日比谷へ! 郵政労働者の訴え

郵政労働者がまいているビラを転載します。

 10月の民営化から3週間、私たちの職場の労働条件は激変しています。郵便課では深夜勤で休憩時間もとれずに仕事に追いまくられています。「こんな泊まりを続けていたら死んでしまう!」と怒りの声が上がっています。集配課では昼休みもとれず4時間もの超勤を強いられヘトヘトに疲れはてています。「この先、小包と年賀になったらどうなるんだ」「配達に行けば苦情の嵐。『今までどおり9時に配達しろ! 夕方に配達なんてとんでもない』と怒鳴られている」「民営化は破綻している。この事態が続けば郵便局はつぶれるよ」「人減らしに熱中し、業務運行に責任を持たない管理者ばかり。冗談じゃない」――こんな怒りが渦巻いています。
 民営化を契機に職場から労働協約は吹っ飛び、権利は著しく制限されています。



 この職場の大混乱をよそに、全逓と全郵政の合併大会が高輪プリンスホテルで開かれました。新組合の名称はJP労組。「横文字になると必ず中身が悪くなる」という世のならいどおりの新組合です。
 新組合は議案書で「希望に満ちあふれた事業と労働組合を創造しよう」と述べています。職場の組合員の悲痛などまったく届いていない組合です。「高級ホテルで乾杯している時か! 大混乱の職場に入って組合員の声を聞け!」「民営化に希望があるというのなら役員は職場に戻って泊まりをやれ! 夜中まで配達しろ!」
 新組合はその綱領で「生産性運動を推進する」とも述べています。チョット待て! 生産性運動という言葉は資本の、会社の言葉ですよ。資本の言葉を労働組合の綱領にするというのは、その労働組合が労働者の立場に立っていないことの証明じゃないですか。
 職場の私たちが行わなければならないことは労働組合を職場の組合員の手に取り戻すことです。民営化に反対する本部につくりかえることです。
 7月の参院選で自民党は完敗しました。小泉の規制緩和と民営化の攻撃に対して日本の労働者と農民ははっきりと拒否したのです。安倍はこの怒りの激しさにグラグラになって政権を投げ出したのです。2年前には考えられない事態がいま始まっているのです。今、日本の社会でその役割を鋭く問われているのは労働組合です。今のような政府の言いなり、会社の言いなりの労働組合であっていいのか、ということが問われているのです。
(中略)
 世界中で郵便局の民営化の攻撃が吹き荒れています。しかし、そのことごとくの国で郵便局の民営化は失敗しています。そして10月から3週間を経験しただけでも、日本での郵便局の民営化は破綻しています。私たちがなすべき事はひとつ、民営化絶対反対の旗をかかげることです。御用組合ではない、労働者のために闘う労働組合に全逓をつくり変えていくことです。イギリスの郵便労働者は民営化反対のストライキを今闘い抜いています。この闘いに続こう!
 11月4日、日比谷野外音楽堂に集まり日本と世界の労働者とともに集会とデモをやろう!
スポンサーサイト
2007/10/31 00:47|未分類TB:0CM:2

コメント
おっしゃるとおりです。
はじめまして、私は滋賀県に住む男性です。
私は近江八幡市の隣にある町に住んでおり、私の自宅近くにある町の郵便局がかつては郵便物を集配していました。ところが、郵政民営化の影響で今年4月から郵便物の集配業務が近江八幡市の郵便局に変えられてしまいました。
町の面積もそこそこあるというのに、近江八幡郵便局に集配なんかさせたら局員に激務を強いることになるのが分からないのでしょうか。
第一、細かい住所や通り道を覚え、土地勘を身に着けるのにどれだけ時間がかかると思っているのですか、集配廃止を決めた人たちは!
長くなりましたが、私の意見を眼にした町民の方々が、より多く意見を発表してくださればと思って投稿させていただきました。
滋賀の某町民 #9L.cY0cg|2007/10/31(水) 12:49 [ 編集 ]

11月4日・正午、日比谷野音に来てください!
そうなんです。郵政会社の西川社長は「ひとりを愛する日本へ」(だったと思います)を掲げて、民営化の破綻を必死になって取り繕おうとしていますが、自分の会社の労働者を愛することもできず、矛盾を押し付ける経営者に郵政事業を運営する資格はありません! いま、全国各地で闘う郵政労働者が、郵政民営化絶対反対を掲げ、こうした会社のあり方と闘い、「職場は俺たちのものだ」と職場闘争に立ち上がっています。そしてこれは、いまの腐りきった郵政労働組合の本部を打ち倒し、労働組合を現場労働者の手に取り戻す闘いと一体です。郵政の労働組合本部はこれだけ民営化が破綻しているにもかかわらず、会社に屈服し、現場組合員の闘いを抑圧している有様です。こんな現状を変えなければなりません。現場労働者が団結して会社と闘い、誇りを持って働ける職場を取り戻してこそ、安全に事故なく全国あらゆるところに郵便が届けられると思うのです。
もし、お時間がありましたら、11月4日正午、東京・日比谷野外音楽堂で行われる全国労働者総決起集会にぜひ参加してください。全国で、民営化・福田政権と闘うあらゆる産別の労働者が職場や地域、国境を越えて集まります。沖縄の11万人の決起に続く1万人集会にしたいと思います。ぜひよろしくお願いします。今後ともワーカーズアクションの活動に注目してください! ともに闘いましょう!
9・29実行委員会事務局 TG #-|2007/11/01(木) 00:09 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://noabe318.blog91.fc2.com/tb.php/89-5c6994be

ブログ内検索 

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 世界は革命情勢だ! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。