世界は革命情勢だ!

★ 闘う労働者・学生・農民のための全世界のニュース ★ 世界の労働者とともに、3・16全世界一斉デモへ! ★

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

プロフィール 

WORKERS ACTION実行委員会

Author:WORKERS ACTION実行委員会
  ↓メール↓
workers_revolution★yahoo.co.jp
★を@にして送って下さい。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

全学連メルマガ転載(11月1日号)

 本日、法大はキャンパス中央広場の工事終了に伴って、広場が「解放」されました。行ってみると正門は1mくらいしか開いてない。しかもガードマンが4人! 開いたのを知らない学生も、開いている現実とガードマンの阻止っぷりに「入れるんですか?」と困惑しています。門には昨日まで動員していなかった公安デカがわんさかいて、広場解放を当局と構えるという体制。退学処分者が中に入るとガードマンが一斉に襲い掛かり、さらに学生部長・安東、副学生部長・藤村以下3人ほどの教員があっという間にあつまった。そして、何より許しがたいのは、退学になっていない学生がマイクでしゃべっていると突然、友部君を売り渡した近藤以下、猪脇など20人ほどの教職員が2人を取り囲み、マイクをやめさせ、なにやら紙を渡した。「パブリックスペースを一時利用する場合の規程できました」なる文章で、「この度中庭整備が一段落したことに伴い、学生の皆さんおよび教職員が快適なキャンパス空間を共有するため、11月から(今日からじゃねぇか!)『法政大学パブリックスペースを一時利用に関する規程』および『市ヶ谷キャンパスで学生がパブリックスペースを一時利用する際の規程』を施行することになりました」などと書いている。「施行することになりました」じゃねえだろ! 「工事が一段落」したらなんで弾圧するんだっての。法大当局は本当に腐りきっています。教壇にたってえらそうに「教育」している教授連中が工事終了に合わせて作った「規程」を手に「ルールを守れ」「質問に答える必要はない」などとのたまっている姿! 他方で学生の未来が資本化連中にどんだけ食い物にされてもまったくお構いなし。全国の大学で、すべての学生が同じように競争させられ、資本の歯車にされる。こんなことが許されていいのか。こうなったら実力でキャンパスを解放する以外にない! 反撃するぞ! 学生の怒りを解き放とう。
 他方でついに本日付で「テロ特措法」の期限が切れた! 自衛隊の撤退です。アメリカ政府は「日米同盟への影響はない」などといっていますが、もはやアフガン新法を作るような目処も立っていない。自民党が政治党派として崩壊しようとしています。ついに戦後支配体制のひとつのあり方を吹き飛ばすときとなりました。11・4で世界を変えよう。沖縄12万の闘いとつながろう。


→3・14法大弾圧を許さない法大生の会
スポンサーサイト
2007/11/02 00:05|未分類TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://noabe318.blog91.fc2.com/tb.php/96-67a0f4e3

ブログ内検索 

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 世界は革命情勢だ! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。